アレルギーとは

アレルギーとは免疫が特定において異常に反応して起こる症状のことを言います。その中でも遺伝性によるアレルギーもあります。様々なタイプのアレルギーがあるので、今は発生しなくても、後でなんらかの原因で発生する場合があります。アレルギー疾患検査出来るので、早めに自分のアレルギーを知ることが大切です。

「食物アレルギー」
特定の食べ物によって、アレルギー症状が出る場合があります。大体が食物を摂取してから2〜3時間に発生すると言われています。症状としても人それぞれですが、じんましんや呼吸困難、嘔吐や下痢と言った症状に悩まされる方も多いです。ほかにも、腹痛や意識障害を伴う場合もあります。急になる方もいますので、早めにアレルギー疾患検査を行い、食事に気をつけることが大切です。

「ダニアレルギー」
ダニアレルギーと言う言葉はあまり使いません。そこで良く耳にするのが喘息と言う言葉です。ダニの死骸を吸い込んで引き起こすアレルギーが喘息になります。その際、発作が起こります。吸入器と言うお薬の入ったのを口にプッシュすることで、発作が治まることもあります。発作が良くならない場合は、かかりつけの病院へ受診してください。

「動物アレルギー」
人を癒してくれる動物で、家族同然可愛がってる方も多くいると思います。動物の毛などの原因でアレルギー症状を発生する方も少なくはありません。キツイ言い方になりますが、一緒にペットと生活している限り、動物アレルギーは改善されないことも知られています。どうしても手放すことが出来ない場合は、ペットの清潔さを維持させることがとても大切です。こまめにお風呂に入れてあげて、ブラッシングを行うことや、お風呂に入れないペットなどの場合は、洗い流さないペット用シャンプーで綺麗にしてあげることがとても大切です。動物にはなんの罪もありませんから、ペットを飼う前に、動物アレルギーは持ってないか、検査をすることはとても大切です。

アレルギー検査の方法

近年、我々を悩ます現代病のひとつアレルギーですが、一口にアレルギーといっても、その種類や症状は多種多様、原因も人それぞれなのです。

まずは、自分自身に起こるアレルギー症状というものをよく知っておくことが大切です。 次に対策として、自分の周りから除去することで、症状を緩和できるかどうかです。 これはアトピー性皮膚炎などのように、アレルゲン(抗原)となるカビやダニ、ホコリ、汚染大気、ペットなどを生活環境から取り除くことによって皮膚炎を起こさないようにすることも出来ます。

また花粉症のように反応を起こす花粉の種類と時期を知ることによって、マスクやメガネと言った防具を身につけたり、薬をあらかじめ処方することで、症状をかなり緩和することが出来ます。 このようにアレルギー対策にはまず検査をして、自身のアレルゲンとなるものを知っておくことをおすすめします。

さてアレルギー検査には血液検査、皮膚テスト、除去・誘発テストと、大きく分けて三種類あります。 まず、血液検査というのは少量の血液を採取して、血液中のIgEと好酸球の値を調べます。 たいした傷みも無く、比較的短時間で終わります。

これはアレルギー体質であるかを調べるときにも有効ですが、ダニやペットなどのアレルゲンが予想されるときにも調べることが出来ます。

次に皮膚テストですが、これにはブリックテストといって、皮膚の表面を軽く張り出さして傷つけ、そこに少量の抗原液をたらし反応を見ます。 またスクラッチテストというのも皮膚に5ミリほどの引っかき傷を作り、ブリックテストと同様に傷口に抗原液をたらし、反応を見ます。

いずれも傷みが少なく、危険も無く、小児でもすることが出来る検査です。しかし、ブリックテストやスクラッチテストで明確な反応が出なかった場合のみ皮内テストといって、少量の抗原液を直接皮内に注射して、腫れや赤みの様子を見ることもあります。また化粧品や薬品アレルギーを調べるときには、パッチテストといって、ガーゼや絆創膏などに抗原を塗りつけ、皮膚にはって反応を見る方法もあります。

ただしこの場合は24から72時間と判定に少々時間がかかります。 血液検査と皮膚テストは同時に行われることが多いようです。

除去誘発テストというのは、おもに食物アレルギーを調べるときに用いられます。 原因と予想される食物を摂取せずに一定期間様子を見ることで、症状が緩和すれば、今度は逆に摂取してみるといった方法でアレルゲンとなる食材を限定していくわけです。

検査は皮膚科や内科、耳鼻科などでしてくれるほか、自宅で手軽に自分でアレルギー検査が出来るキットなども売られており、通販などで手に入れることも出来ます。 これらの検査は比較的簡単に安全に行えるため、自身のアレルゲンを知っておくにはよい方法でしょう。

ただし薬物アレルギーや喘息の誘発テストなどは、危険が伴うこともありますので、病院にての検査、入院が必要となることもあります。